GEN-B 旬の料理帖

本物の味わいだからアレンジも楽し。

ビストロ風おでん・3種

風をひんやりと感じたら、恋しくなるのが「おでん」。
テイクアウトは味気ないし、さりとて一から仕込むには時間がない・・・そんな時に助かるのが<でんでん正統派 和風おでん>セット。
そのまま味わうのも良いし、たまには少し遊びゴコロをプラスして、ビストロ風にイメチェンしてみては?
3種のアレンジ、ワインと合わせてどうぞ。

<材料> 2~3人分

でんでん正統派 和風おでん   1セット
     
[甘味噌クリームソース] (※作り易い分量)    
豆乳(無調整)又は牛乳   100cc
米粉   小さじ2
甘味噌ダレ   60g
     
[カプレーゼ風]    
青じそオリーブオイル   適量
モッツァレラチーズ   1個
ミニトマト   4~8個
     
[地辛子柿ソース](※作り易い分量)    
地辛子(※おでんの付属)  

20g

熱湯   10cc
柚子果汁(又はりんご酢)   小さじ2
  1/2個
  ふたつまみ
東三河の旬素材

<作り方>

  1. 豆乳に米粉を加えてダマが無くなるまで溶き、木べら等で混ぜながら中火にかける。とろみがついたら火を止め、甘味噌ダレを加えて混ぜ合わせる。
      厚切大根、白はんぺん、玉子、生芋こんにゃくがおすすめ
  2. モッツァレラは適当な大きさに切り、ミニトマトは楊枝で数か所穴を開ける。白はんぺんの上にモッツァレラチーズをのせておでんつゆでさっと温めるように煮る。ミニトマトも皮がはじけるまで煮る。器に盛り合わせ、おでんつゆをひとかけし、青じそオリーブオイルを適量かける。  
      白はんぺん、季節の志の田がおすすめ
  3. 地辛子を熱湯で溶く。粗熱がとれたら柚子果汁でのばす。柿は小角切りにし、塩をふって和え、水気が出てつやっとしてきたら地辛子に加えて混ぜる。
      ごぼう巻、上揚半、特製ちくわなどの揚げ物系練り物がおすすめ

他は、お好みで地辛子をつけてお召し上がりください。

材料が購入出来ます

でんでん正統派 和風おでん・G

じっくりとった秘伝の出汁が練り物の美味しさを引き立てる、昔ながらの正統派おでん。

限定

でんでん正統派 和風おでん・G

本体価格:3,980円

甘味噌ダレ・G

練り物にぴったりの田楽用味噌ダレ。おでんはもちろん炒め物にも。

限定

甘味噌ダレ・G

本体価格:450円

販売終了しました

青じそオリーブオイル・G

青じそとオリーブオイルをブレンドした、ヤマサちくわオリジナルの調味料。

青じそオリーブオイル・G

本体価格:750円

商品名をクリックして商品の詳細をご覧ください(ヤマサちくわ・オンラインショッピングにリンクします)。
また、「買い物かごに入れる」ボタンをクリックすると、『ヤマサちくわ・オンラインショッピング』にて直接お買い物ができます。

TOP